土浦市の屋根葺き替え現場で、今日は雨押え等の細かい工事です。


屋根葺き替え工事
この光景は、ベランダの一番奥の外壁と屋根が接触する場所の雨押え工事です。
手が・またインパクトが(ねじ等を止める場合に使う電動工具の事)上手く入らずに大変てこずって居ます。
ここの部分の屋根が急勾配に成って居る為に、職人が滑り落ちない様に足の靴底を持って、支えて居ました。

屋根葺き替え工事
ここの屋根は、一番最後に成りましたが、玄関の直ぐ左手の下屋の部分です。
一番最後の屋根を葺いている場面に成ります。
右手に見えている道具は、現在では製造されなくなって貴重化した押切です。
屋根材をこの押切で切断いたします。
屋根葺き替え工事
この光景が、寸法を取った屋根材を押切で切断せんとしている場面です。
切断する部分に押切の歯を当てて、上側の柄を下ろして切断いたします。
屋根葺き替え工事
この場面は、下屋の裏手の3段に成って居る屋根と屋根の隙間を、塞いでいる所で、丁度今工事が終了した所です。
屋根葺き替え工事
この場面は、一番最後の屋根材を葺き終えたところになります。
白く成って居る所が、両面の屋根材が一番頂上で揃ったところです。
屋根葺き替え工事
左の屋根の頂上に棟板金を設置した場面です。
屋根の両面に貫板をビス止めして、その貫板に棟板金を釘止め致します。
綺麗に棟板金を葺くことが出来ました。
屋根葺き替え工事
ここの場面は、外壁と屋根が接触する場面で御座いまして、今迄瓦と外壁の隙間から雨水等が侵入しない様にしていた雨押えを、短く切断して、その下側に新しい雨押えをビス止めしている場面です。
屋根葺き替え工事
この場面は、棟の部分の外壁側に成ります部分の重ね合わせを懸命にやって居る所です。
この上に棟板金が覆う事に成ります。
屋根葺き替え工事
ここの場面で、外壁と屋根の雨押え工事が終了した所に成ります。
古い雨押えを取り除くことは叶いませんので(取り除くとしましたならば、外壁を全て撤去しなければ成りません)、此処の部分だけは施主様に申し出て塗装をして頂きたいものです。
屋根葺き替え工事
此れは、棟板金と貫板(木片が見えているのが貫板です)を当てらって寸法をとって居る所です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

牛久市の屋根葺き替え工事現場の最初から最後迄をご紹介します。

セメント瓦
コロニアル屋根
工事内容
屋根葺き替え
足場
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
1,053,000円(破風巻工事・玄関ドアー等塗装・雨樋全交換・戸袋補修工事含む)
施工事例

阿見町のF様から、屋根を金属屋根に葺き替えたいので来て下い。

カバー工法屋根工事
カバー工法屋根工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
横暖ルーフαプレミアムS
築年数
建坪
保証
15年
工事費用
1,186,164円
施工事例

稲敷市のH様から玄関に雨漏りが発生したので修理をして下さい。

雨漏り工事
雨漏り工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
板金・漆喰・ナンバン
築年数
建坪
保証
工事費用
243000円

同じ地域の施工事例

施工事例

雨漏りが一番して居た場所のカバー工法による葺き替え工事です。

カバー工法
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフαS
築年数
50年
建坪
保証
7年
工事費用
345,168円
施工事例

棟板金工事の依頼を受けた土浦市のS様から戸袋工事の依頼です。

戸袋張替工事
戸袋張替工事
工事内容
その他の工事
使用素材
横暖サイディング・廻り縁
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

つくば市のI様邸の台風に依る瓦被害の工事が無事に終了しました

鬼瓦台風被害
鬼瓦台風被害
工事内容
その他の工事
火災保険
使用素材
ナンバン・不足瓦補充(桟瓦1枚・饅頭瓦1枚・7寸丸瓦1本)
築年数
建坪
保証
工事費用
64,800円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事

この写真は、裏手の下屋の部分に成ります。この工事は、雨押えと言われる工事をしている場面です。屋根と外壁の隙間から雨水が侵入しない様にして居る工事に成ります。今迄付いて居ました、雨押え部分から板を撤去して、今回は胴縁(細長く見えて居ります細い...........

屋根葺き替え工事は

この場面は、裏手の下屋の写真です。ここの屋根は、3段に成って居りまして、工事をする側としましては、大変手間が掛かる場所の工事に成ります。ケラバ包みを4箇所・ゼロスターターを3か所に設置しましてから、雪止めの設置をしましてから、本体を葺いて行...........

屋根葺き替え工事

大屋根の瓦を撤去している場面です。一番初めに手を付けますのは、棟(グシ)の鬼瓦や丸瓦・ノシ瓦の撤去です。この棟の瓦の撤去をしなければ、その下側にある桟瓦・ケラバ瓦・饅頭瓦(軒先に有る瓦の事)等の撤去が出来ないからです。