オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

龍ヶ崎市から台風でカーポートの屋根材が飛んだので直して下さい


工事のきっかけ

台風でカーポートの屋根材が1枚吹き飛ばされた為、
修理をお願いしました。

龍ケ崎市 その他の工事 カーポート屋根修理

ビフォーアフター

before
カーポートp被害
horizontal
after
カーポート被害

工事基本情報

施工内容
その他の工事
施工期間
使用材料
施工内容その他
カーポート屋根修理
築年数
保証年数
工事費用
建坪
ハウスメーカー
カーポートp被害
お客様のお宅に伺いましたら、カーポートの屋根材(アクリル板)が、台風に依って1枚吹き飛ばされる被害にあっていました。
運よく吹き飛ばされていても、アクリル板に痛みや割れは無く其の儘、取り付ければ良かったので工事自体は簡単な作業で済みました。

そこで、この台風の被害は火災保険で補償が受けられる旨をおつたえした上で、火災保険会社に被害申請書を送付して下さる様に手続きを取って下さい。
カーポート被害
この写真の1枚が台風で吹き飛ばされたアクリル板の屋根材で御座います。

普通でしたら台風で飛ばされた場合には、粉々に割れてしまうのですが、この屋根材は厚みが大きかったので運よく割れないで済みました。
従いまして今回は、この吹き飛ばされたアクリルのやねざいを再利用いたします。



カーポート被害
この写真の状態はカーポートの全景で御座います。
カーポートの後方はこの庭先より一段低くなっておりまして台風の風力がより強くカーポートに影響を与えたものと考えられます。

お隣の庭先まで吹き飛ばされたのに1枚の被害で済んだことは、不幸中の幸いと言うべきでしょう。
それに、吹き飛んだアクリル板の屋根材が無傷で有った事も不幸中の幸いでございました。

カーポート被害
この写真がカーポートの屋根材を葺き直した状況です。
屋根材の両サイドを押え板で押えてビス止めして置きましたので、これからは幾分強く成った事でありましょう。

強いて申しますともう少しカーポートの高さを低くしますと強風にはつよくなるもの
と、思われます。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

稲敷市の台風被害で雨漏りが生じたN様宅の工事をご紹介します。

棟葺き替え工事
棟葺き替え工事
工事内容
雨漏り修理
その他の工事
足場
台風
使用素材
銅線・ナンバン
築年数
建坪
保証
工事費用
253000円(消費税込み)
施工事例

牛久市のH様邸で台風被害の工事をしましたのでご紹介致します。

台風被害工事
足場解体工事
工事内容
屋根葺き直し
その他の工事
足場
台風
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
482,020円(消費税込み)
施工事例

常総市のC様宅のカバー工法―の屋根葺き家工事が終了致しました

カバー工法工事
カバー工法工事
工事内容
屋根カバー工事
その他の工事
足場
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
2,080,818円(消費税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

龍ヶ崎市のM様邸でトップライトの修理棟板金の交換屋根塗装です

トップライトの周りの写真
トップライト工事
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
台風
使用素材
ココナツブラウン艶消し塗料
築年数
建坪
保証
工事費用
992,260円
施工事例

龍ヶ崎市のY様宅で、台風で葺き上げられた桟瓦の葺き直しです。

桟瓦葺き替え工事
桟瓦葺き替え工事
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
30,000円(消費税3,000円)
施工事例

龍ヶ崎市で、台風で吹き飛ばされた棟瓦の、補修工事の案内です。

台風被害
台風被害
工事内容
その他の工事
使用素材
エコランバ―・銅線・コーキング・ビス
築年数
建坪
保証
工事費用
126,900円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

戸袋手直し工事

この写真は、瓦の途中に金具を2本差し込んで、その金具に垂木を挟んで。足が瓦から滑り落ちない様にした様子を、写真に納めまた所を撮影させて頂きました。瓦の上で工事をします時には、忘れないで、この工事をする必要が御座います。

外壁屋根塗装

階段を上った上にご覧いただきます素敵なお宅が御座いました。つくば市だから、相当ご近所がすぐ横に有って、ごみごみした街並みを想像して居ましたので?閑静な場所の御住まいをみて、羨ましい限りでした。

下屋根撤去工事

この写真が、2階を増築した為にこの部分の屋根が下の方に下がってしまった屋根です。一応増築した屋根は、瓦棒で葺かれて居ますが?(一番軽い屋根)下屋根に係った荷重が大きかった為に下の方に下がった者と言えます。多分、増築した部分が余りにも重くて、...........

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505