神栖市のカバー工法に依る屋根葺き替えも予定通り終了しました。


カバー工法屋根葺き替え
この写真は、玄関の真裏側の屋根の様子に成ります。
今、足場職人さんが、屋根足場を架設している場面に成ります。

どの様に屋根足場を架設するのか、足場職人さんに依って少しづつ違いが有りますので、興味を持って見させてもらいました。
カバー工法屋根葺き替え
この様子の写真が左の屋根をカバー工法で葺き替えた様子の写真です。

足場を撤去しましたら、施工事例できちっとした場面の写真を乗せますので、楽しみにして居て下さい。
カバー工法屋根葺き替え
屋根勾配が、6寸と言う急勾配の為に足場職人さんが少しばかり足を滑らせておりますので、気に成って注意を促してしまいました。

良ーく観察いたしましたら、この職人さんたちは、外壁の足場を屋根の上にも2本設置してから、横に4段単管を接続して居ります。

成程と感心致しました。
カバー工法屋根葺き替え
玄関側の右手側の屋根をカバー工法で葺き替えた様子を撮影した場面です。
左の写真が、この様に綺麗な屋根に生まれ変わりました。
この屋根材は、横暖ルーフαプレミアムSと言う材料で葺き替えた物です。

メーカーさんで25年間の補償がついて居ります。

当社も、施工に付いて15年間の補償を付けて居ります。
屋根足場架設工事
この場所は、玄関の左側の屋根足場の架設が終了した場面に成ります。

この場面の屋根足場で全ての面の屋根足場工事は無事に終了する事が出来ました。
明日から板金職人さん達の、作業に移ります。
カバー工法屋根葺き替え
こちら側は、玄関の左手側の屋根をカバー工法で葺き直しした様子に成ります。

こちらの屋根も、左の写真の屋根がこの様に変身いたしました。
カバー工法屋根葺き替え
この写真は、玄関の直ぐ上に有りますハト小屋を撮影いたしました。

このハト小屋の工事が一番厄介で、手間が大変掛かる場面に成りますので、出来上がりを良ーく見て下さい。
カバー工法屋根葺き替え
こちらの写真は、玄関の直ぐ上のハト小屋が有ります屋根の様子です。

このハト小屋の裏側には、左右に小さいながらも谷が有り、非常に手間が掛かる場所に成ります。

また、ハト小屋の左右の立ち上がりの部分も、屋根との取り合いで大変手間が掛かりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

龍ヶ崎市のH様で、瓦棒屋根のカバー工法がスタート致しました。

瓦棒屋根
棟工事
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバニュウム鋼板
築年数
建坪
保証
15年間
工事費用
643,317円
施工事例

守谷市のH様邸の、ガルテクト材でのカバー工法の葺き替えです。

カバー工法
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業のガルテクト
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

神栖市で行った屋根葺き替え及び外壁塗装工事が終了いたしました

外壁塗装・屋根葺き替え
屋根・外壁施工後
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他の工事
使用素材
横暖ルーフαプレミアムS・プレミアムシリコン塗料
築年数
40年
建坪
保証
カバー工法による屋根葺き替え工事15年・塗装10年
工事費用
1,858,507円

同じ地域の施工事例

施工事例

神栖市のM様から台風に依って瓦に被害を受けたので来てください

セメント瓦
工事内容
屋根塗装
その他の工事
火災保険
使用素材
溶剤塗料・変成コーキング
築年数
30年
建坪
保証
工事費用
60,000円(消費税込み)
施工事例

神栖市で行った屋根葺き替え及び外壁塗装工事が終了いたしました

外壁塗装・屋根葺き替え
屋根・外壁施工後
工事内容
屋根カバー工事
外壁塗装
その他の工事
使用素材
横暖ルーフαプレミアムS・プレミアムシリコン塗料
築年数
40年
建坪
保証
カバー工法による屋根葺き替え工事15年・塗装10年
工事費用
1,858,507円
施工事例

神栖市のカバー工法に依る屋根葺き替え工事が終了致しました。

カバー工法屋根葺き替え
バー工法屋根葺き替え工事
工事内容
使用素材
横暖ルーフαプレミアムS
築年数
建坪
保証
15年間
工事費用
859,118円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。

阿見町の塗装工事

築26年と言うご主人様のお話を伺いまして、屋根のカバー工法に依る葺き替え工事の方法を検討する為に、屋根に上がって調査をさせて頂きました。余りにも傷みが激しい場合には、カバー工法による葺き替えは出来ません。その時には、コロニアルを撤去して金属...........

ガルバニュウム鋼板

この写真は、屋根材のガルバニュウム鋼板を必要な長さに揃えて切断して、軽トラで2回に分けて自宅迄運んで来た場面です。余りにも重たいので、自宅まで運び入れるのに2回に分けました。