オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

稲敷市で雨漏りがして居る瓦屋根の葺き直し工事を致します。


グシ交換工事
このグシの状態が、コーキングを塗れるだけ塗りたくった様子です。
桟瓦も同様な状態に成って居ります。
雨漏りの原因がこのグシに有りました。

素ノシの下側の漆喰が何と無く剥がれてるのが見て取れると思いますが、この部分から雨水が侵入して桟瓦の下に入り込み、桟瓦もグシ瓦同様な状態でコーキングを塗りたくっている為に、雨水の抜け道が無く成り釘穴から室内の天井版に染み出し、雨漏りと成った事が分かりました。



グシ交換工事
この写真は、グシを解いている様子です。
コーキングをカッターナイフで切り裂きながら、一枚・一枚剥ぎ取っていきました。

丸瓦の時は、割かし楽に出来ましたが、素ノシの部分に成りましたら、数も多く成り大変な時間が掛かりました。
グシ交換工事
この写真で理解が出来ると思われますが、素ノシをのけるとこの様に雨水がしたたり落ちてくる始末です。

この所2~3日位雨が降って居ないにも関わらず、この様に雨水が染みだしてきてしまいます。

これは、素ノシを避けたから見る事が出来たのですが?避けなければこの雨水は、桟瓦の下側に進入した事でしょう。
グシ交換工事
素ノシの内部の様子です。
素ノシを剥しますと、本来ならば、この土は乾ききって居なければ成らない所ですが、この様に湿り切って居ります。
湿って居ると言う事は、この部分に雨水が溜まって居たと言う事に成ります。

この溜まった雨水が桟瓦の下に流れ込み、今度は、流れ込んだ雨水が逃げ場が無く成り雨漏りとして天井に出て来る事に成ってしまいました。
グシ交換工事
途中の桟瓦を数ヶ所、捲って確認しましたがご覧いただきます様に、ルーフィング(雨漏り防止)瓦桟(桟瓦を引っ掛ける所の桟)にも少しも痛みが来ておりません。

しかし、良く観察致しますと少しばかり湿りが見受けられます。

これが桟瓦の下を流れた雨水の跡と言う事です。
グシ交換工事
この写真は、グシの丸瓦や素ノシ瓦を全部取り除いた場面です。(屋根の一番上・頂上に成る所です)

この少しばかりの隙間から、雨水が桟瓦の下側に侵入した事が分かりました。

たったこれだけの隙間から、天井を全部交換しなければ成らないような被害が生じるんですね。

グシ交換工事
ここの様子は、今迄とは違って7寸丸を使用した強力棟を採用(地震にも・台風にも・大雨にも強い棟の事を強力棟と言います)した状況です。

強力棟を屋根の垂木に釘止めし、その上に垂木を乗せ左右をビス止めします、その後7寸丸を乗せて2ヶ所ビス止めして、その下側にナンバンを敷きつめれば強力棟の完成と成ります。
グシ交換工事
この写真が、強力棟が完成した様子に成ります。

これで、雨漏りから解放される事でしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

牛久市のS様邸で、屋根の一部分の葺き直し工事を行ないました。

屋根工事
ルーフィング交換工事
工事内容
屋根葺き直し
その他の工事
使用素材
ルーフイング・瓦残
築年数
建坪
保証
工事費用
150,000円(税込み)
施工事例

稲敷市のN様から台風被害を受けた小屋の瓦の葺き替え工事を受け

瓦工事
瓦工事
工事内容
屋根葺き直し
足場
台風
使用素材
饅頭瓦・ケラバ瓦・桟瓦
築年数
不明
建坪
保証
工事費用
268,950円
施工事例

稲敷市のH様宅の台風被害工事の様子をご紹介させていただきます

アスベスト屋根のケラバ工事
アスベスト屋根のケラバ工事
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
足場
火災保険
倉庫
使用素材
ガルバニューム鋼板の新茶
築年数
建坪
保証
工事費用
724,600円

同じ地域の施工事例

施工事例

稲敷市のM様から台風で波トタンに被害を受けたので修理願います

波板トタン被害工事
波トタン屋根葺き替え工事
工事内容
屋根葺き替え
台風
使用素材
波板トタン・傘釘
築年数
建坪
保証
工事費用
61,600円
施工事例

稲敷市のS様から台風被害を受けた雨樋工事のご依頼を頂きました

雨樋交換工事
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
足場
台風
使用素材
ナショナル雨樋等
築年数
X年
建坪
保証
工事費用
77,000円(税込み)
施工事例

稲敷市のN様から台風被害を受けた小屋の瓦の葺き替え工事を受け

瓦工事
瓦工事
工事内容
屋根葺き直し
足場
台風
使用素材
饅頭瓦・ケラバ瓦・桟瓦
築年数
不明
建坪
保証
工事費用
268,950円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

セメント瓦葺き替え工事

屋根に上がって調査を始めて見ましたら?この様な漆喰が施されて居りました。この光景を見て、少しばかりは素人の瓦職人では無い事が分かりましたが?何故ならば、瓦の山には漆喰が打たれて居ましたが、谷の部分には漆喰が打たれて居なかったからです。

台風被害工事

外壁も屋根も、全てがアスベストで覆われた小屋・倉庫の被害状況です。屋根の高さが約5m76cm御座いますので、当然足場の架設が無ければ、屋根の修理をする事は叶いません。ここの部分は、外壁の一部が破損して居る様子で御座いますが?屋根が高い為に、...........

台風被害工事

おの写真の右側の棟の一番上の丸瓦が浮いて居るのですが,お分かり頂けますか?この面の桟瓦(皆様方は平瓦と呼んで居られるようですが、正式には瓦残に引っ掛けて葺いて居る瓦なので桟瓦と言います)こちら側の桟瓦は、火災保険会社に提出する調査で来た時に...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762