稲敷市で雨漏りがして居る瓦屋根の葺き直し工事を致します。


グシ交換工事
このグシの状態が、コーキングを塗れるだけ塗りたくった様子です。
桟瓦も同様な状態に成って居ります。
雨漏りの原因がこのグシに有りました。

素ノシの下側の漆喰が何と無く剥がれてるのが見て取れると思いますが、この部分から雨水が侵入して桟瓦の下に入り込み、桟瓦もグシ瓦同様な状態でコーキングを塗りたくっている為に、雨水の抜け道が無く成り釘穴から室内の天井版に染み出し、雨漏りと成った事が分かりました。



グシ交換工事
この写真は、グシを解いている様子です。
コーキングをカッターナイフで切り裂きながら、一枚・一枚剥ぎ取っていきました。

丸瓦の時は、割かし楽に出来ましたが、素ノシの部分に成りましたら、数も多く成り大変な時間が掛かりました。
グシ交換工事
この写真で理解が出来ると思われますが、素ノシをのけるとこの様に雨水がしたたり落ちてくる始末です。

この所2~3日位雨が降って居ないにも関わらず、この様に雨水が染みだしてきてしまいます。

これは、素ノシを避けたから見る事が出来たのですが?避けなければこの雨水は、桟瓦の下側に進入した事でしょう。
グシ交換工事
素ノシの内部の様子です。
素ノシを剥しますと、本来ならば、この土は乾ききって居なければ成らない所ですが、この様に湿り切って居ります。
湿って居ると言う事は、この部分に雨水が溜まって居たと言う事に成ります。

この溜まった雨水が桟瓦の下に流れ込み、今度は、流れ込んだ雨水が逃げ場が無く成り雨漏りとして天井に出て来る事に成ってしまいました。
グシ交換工事
途中の桟瓦を数ヶ所、捲って確認しましたがご覧いただきます様に、ルーフィング(雨漏り防止)瓦桟(桟瓦を引っ掛ける所の桟)にも少しも痛みが来ておりません。

しかし、良く観察致しますと少しばかり湿りが見受けられます。

これが桟瓦の下を流れた雨水の跡と言う事です。
グシ交換工事
この写真は、グシの丸瓦や素ノシ瓦を全部取り除いた場面です。(屋根の一番上・頂上に成る所です)

この少しばかりの隙間から、雨水が桟瓦の下側に侵入した事が分かりました。

たったこれだけの隙間から、天井を全部交換しなければ成らないような被害が生じるんですね。

グシ交換工事
ここの様子は、今迄とは違って7寸丸を使用した強力棟を採用(地震にも・台風にも・大雨にも強い棟の事を強力棟と言います)した状況です。

強力棟を屋根の垂木に釘止めし、その上に垂木を乗せ左右をビス止めします、その後7寸丸を乗せて2ヶ所ビス止めして、その下側にナンバンを敷きつめれば強力棟の完成と成ります。
グシ交換工事
この写真が、強力棟が完成した様子に成ります。

これで、雨漏りから解放される事でしょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

つくば市のS様から台風被害に遭った軒天と屋根工事をして下さい

軒天張替工事
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根葺き直し
火災保険
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
30万円(税込)
施工事例

稲敷市で雨漏り工事が始まりました。工期は1日の予定です。

グシ交換工事
グシ交換工事
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
築年数
40年
建坪
保証
10年間
工事費用
450,000円
施工事例

河内町から西風で瓦が煽られて雨漏りが起きたので調査して下さい

屋根葺き替え工事9
屋根葺き替え工事8
工事内容
屋根葺き直し
雨漏り修理
使用素材
ルーフィング・ナンバン・瓦桟・銅釘・銅線
築年数
40年以上
建坪
保証
工事費用
279,331円

同じ地域の施工事例

施工事例

稲敷市の外壁屋根塗装等の工事が終わりましたのでご紹介します。

足場工事
足場工事
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
足場
火災保険
使用素材
溶剤塗料
築年数
建坪
保証
工事費用
1,350,000円
施工事例

稲敷市のH様から玄関に雨漏りが発生したので修理をして下さい。

雨漏り工事
雨漏り工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
板金・漆喰・ナンバン
築年数
建坪
保証
工事費用
243000円
施工事例

稲敷市のY様から台風に依り被害を受けた屋根瓦の修理依頼です。

台風24号被害
工事内容
屋根補修工事
使用素材
7寸丸瓦・ナンバン
築年数
27年
建坪
26坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦棒屋根工事

瓦棒屋根の一部が台風に依って吹き飛ばされると言う被害を受けました。約4坪ばかりの被害ですが、それ以上の範囲で工事が必要と成ります。雨漏りは、どんな形で出てくるのか分かりませんので広め広めのこうじをしなければ成りません。

台風被害

この写真は、波板が何故なのか1列の被害を受けてしまいました。これは、わかりました。瓦がこの上に落下して破損した状況なんですね。一見しただけでは、不思議な事もあるもんだなーと首を傾けましたが、理解が出来ました。

屋根工事

屋根の半分が,如何してなのか不明で御座いますが、綺麗に壊れてしまって居ます。ここの屋根の葺き替えの依頼を頂きました。右側にも手を入れ無ければ成らない所も一部分有ります。足場は不要ですので、荷揚げ機を使って頑張りましょう。