オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

つくば市で屋根葺き替え工事の依頼を承り、調査にお伺いしました


カバー工法葺き替え工事
屋根勾配が、6寸と急勾配の為に屋根足場を架けました。

工事は、最初に棟板金を取り去る事から始まります。

その後、コロニアルの撤去・新しくルーフィングを敷き詰め・最後に横暖ルーフαプレミアムSで葺き上げます。
カバー工法に依る葺き替え
撤去した棟板金や貫板や古いコロニアルを、一時置いておく場所が必要な為に、コンパネをこの様に置いて利用いたしました。
カバー工法に依る葺き替え
棟板金を取り除きますと、殆ど貫板の下の屋根材(コロニアル)が釘を打ち付けた為に破損して居ります。

これだけでは、雨漏りが発生すると言う訳では有りませんが、心配なことに違いは有りません。
カバー工法に依る葺き替え
この様な屋根足場をくみ上げなければ、工事をする事が出来ません。

足場職人さんが、大変だった事だろうと思われます。
カバー工法に依る葺き替え
ここの様子は、古いコロニアル材を撤去して居る場面で御座います。
軒先を後少し撤去しますと、この場所の撤去工事は終了と成ります。
カバー工法に依る葺き替え
こちら側でも職人さんが、懸命に屋根材の撤去をして居ります。

築26年とお聞きして居りますが、ルーフィング自体には、酷い傷みは見られません。
屋根葺き替え工事
この場面は、ユニックでひとまとめにした廃材を下に下ろしているところです。

他社では、この工事を荷上げ機を使って何回にも分けて行いますが、当社の場合は一挙に行いますので施主様が驚いて居られます。
屋根葺き替え工事
この場面では、今正に新しいコロニアル(防水シート)を敷き終えた所の様子に成ります。
棟の部分を見て下さい、この様にルーフィングを、隣の屋根側迄被せなければ成りません。
何故でしょうか?

屋根で一番雨漏りの原因に成る場所は、瓦の場合もコロニアルの場合も、この棟の部分からの雨漏りが殆どで御座います。

従って棟の部分のルーフィングは二重三重にして少々の事では雨漏りが起きない様にしているので御座います。
屋根葺き替え工事
こちら側も、綺麗にルーフィングの敷き詰めが終了いたしました。
後は、横暖ルーフαプレミアムSで葺き上げるだけの工事です。

この工事に対して、当社は、15年の補償を付けて居りますので、施主様に取りましては安心して頂けるものと思います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

軒樋交換工事

1階部分だけの雨樋は軒樋を100から105へ立樋は55から60へと交換いたしました。先ず、軒樋及び立樋の撤去から始まりまして、次に軒の打込金具・立樋のデンデン金具の撤去工事へと移りました。その後、軒樋は打込金具を105用に交換し立樋の金具は...........

角樋逆流防止工事

この角樋の右側から、雨水が滴り落ちて施主様が大変お困りに成って居られました。何とかして欲しいというので、工事に入ったのですが?勾配が逆になって居た事と・角樋の為逆流を起して居た為に集水器を2箇所に設置する必要が有りました。

下屋根の落下

明かり難いかも?知れませんが、ご覧いただきますように下屋の屋根が下の方に傾いてしまいました。これは、大工さんが,只単に瓦棒の屋根をこの傾いた屋根の上に葺き上げたからに過ぎません。もう少し、体躯さんが注意を払っていただいて居ましたならば?この...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762