オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

つくば市で雨漏りの原因であります、谷の交換工事を始まました。


荷揚げ機の設置工事
この様子は、荷揚げ機を設置しているところを撮影いたしました。

私も何回となく荷揚げ機の設置をして参りましたが、一人で設置するのは疲れてしまってへとへとになります。

70歳の私には到底出来かねます。
屋根には何とか上れますので、写真の撮影位は未だ大丈夫です。
材料の荷揚げの様子
この様子は、酸性雨などで穴が開いた銅製の谷を下ろしている場面で御座います。
最近この銅製の谷が穴が開きまして、その部分から雨漏りが起きる現象が非常に多くなってきました。

瓦屋根の雨漏りの原因を述べますと、第1位にこの銅製の谷・第2に瓦の割れ・第3に瓦下のルーフィングの破損・トップライトの周りの銅製の穴が挙げられます。
雨漏りの原因箇所の谷
この様に一見したんでは何とも無い様に見えますが、近年左右の瓦下の銅製に穴が開いて雨漏りがし出したと言う事例が非常に増えて参りました。

家を建てた当時は皆さん、好んで銅製で谷を葺きました。
しかし近年に成って、酸性雨等に依り銅製の弱点で穴が開くように成って参らいました。
雨漏り原因の谷2
こちらの様子も左の写真同様に、瓦下の銅製の谷に無数の穴が開いて居りました。
この谷の周りの瓦を全て取り除かなければ、谷の交換が出来ませんので大変な工事に成ります。

今回はガルバニュウム鋼板で谷を葺き替える事に致します。
ガルバニュウム鋼板は酸性雨に強く最近では一番谷などに採用されております。
ガルバニュウム鋼板
左右の谷が合わさる部分です。
このルーフィングの上にガルバニュウム鋼板を張ります。

左右が合わさる部分では、少し立ち上げて雨水が今度は侵入しないように細心の注意を持って工事に当たらなくては成りません。

ガルバニュウム鋼板2
右側も左側もこの様な長さが御座います。
この場面で全てが終了しまして谷工事は終わりました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事

この写真は、2連梯子でベランダに上がり、ベランダにキャダツを立てて大屋根に登って屋根の状態を調査して居る所です。この写真の右端の屋根の一部を葺き替えると言う事でした。カバー工法と・屋根本体の交換葺き替え工事(施主様の希望工事)の二通りの提案...........

DSCN1838

ここの光景は、西側の面に成りますが?下屋の部分の軒先が割れてしまって居ます。ここの場所の軒樋は全てを交換する必要が有るように思われて成りません。

ケラバ瓦工事

瓦の右側に青く敷かれたものは、防水シートです。瓦より下の野地板迄雨水が浸透していかない様に、桟瓦下には全て個の防水シートが敷かれております。皆様方は、桟瓦が防水シートの上に葺かれて居る為に見る事が全くできないだけです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762