オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

河内町から棟の釘が浮いて居るので見て下さいと言う依頼を頂いて


棟板金交換工事
棟瓦の釘が何処を見ましてもこの様な状態です。

通リすがりの訪問販売会社の営業マンに指摘されて、心配に成って当社のブログを見て連絡をしたんだそうです。

成程全ての場所で釘が浮いてしまって居ります。
営業マンの方は、良く見つけましたねー?
棟工事
四点の高さが自由に変えられる、キャダツをベランダに掛けせてもらいまして、屋根に上がってコーキングを打った後に、この様にハンマーで釘の頭を打ち込みました。

釘の周りにコーキングがはみ出した部分は綺麗に葺きとり、コーキングが分からない様な工事をしておきました。
棟工事
凄い状況に成って居ります。
今、真ん中の2本の釘を打ち付けて、コーキングを拭き取った所を撮影した所です。

結構、釘が浮き出て来て居りますので、皆様方にもどの様な状況に成って居るか判断できると思われますが、如何でしょうか?
棟工事
棟全体の釘が、何処ででもこちら同様に釘が浮いて居ります。

瓦の下に有ります、垂木模様の貫板が傷んできて釘が浮き出て来たんだと思われますが、そこの貫板を交換するには、相当の費用がかさみますので、今回はサービスで3,240円で工事を致しました。

これ以上の事が起こりましたら、またご連絡を下さいませ。
棟工事
工事が終了した様子を写真に納めました。
何故、釘の周りにコーキングが必要に成るのでしょうか?

それは釘穴が少しばかり大きく成ってしまって居り、その釘穴に釘を戻してもスカスカな状態で何の効果も無いので、コーキングを打って釘が浮かない様にする為なのです。
棟工事
釘は全て、打ち直して置きましたので、暫くは大丈夫だと思われます。

訪問販売の方の費用は35万円だそうですから、当社の値段はその1割にも満ちませんでした。

無料でも良かったのですが、施主様が幾らか取って下さいと言う事からこの様な金額に成りました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

角樋逆流防止工事

この角樋の右側から、雨水が滴り落ちて施主様が大変お困りに成って居られました。何とかして欲しいというので、工事に入ったのですが?勾配が逆になって居た事と・角樋の為逆流を起して居た為に集水器を2箇所に設置する必要が有りました。

下屋根の落下

明かり難いかも?知れませんが、ご覧いただきますように下屋の屋根が下の方に傾いてしまいました。これは、大工さんが,只単に瓦棒の屋根をこの傾いた屋根の上に葺き上げたからに過ぎません。もう少し、体躯さんが注意を払っていただいて居ましたならば?この...........

足場架設工事

今、足場の仮設工事が始まりました。この場面は、外壁のサイディング(新興産業のサイデリア・フッ素)の上に壁当てを設置している場面です。これは、足場が倒れない様にするものです。何ヶ所かに、この壁当てを設置して行きます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762