オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

鹿嶋市から雨樋の修理依頼を頂戴し調査にお伺いいたしました。


IMG_1826-1-columns2
凄いことに成って居り、今にも雨水がしたたり

ちて来そうな気分に駆られます。

鹿島地方も雪がひどかったんですね。

これ程までに丸樋が(105のホワイト丸樋)

下方に曲げられていると言う事は雪質が

多湿に成って居り相当な重さに成っていた

ことを物語って居ります。
2
この場面も同様に軒樋が下方に曲げられて、

軒樋だけでなく金具をも曲っておりますので、

勿論受け金具も交換の必要が生じます。

今回は、受け金具を正面ビス止め金具に交換

したいと思いますので施主様にご了解を得た

いと思います。(何故ならば受け金具は少し

の重みでも下方に曲げられますが、正面

ビス止め金具ならば受け金具の3倍ぐらい

の強度に成りましから、雪被害を受けにくい

物に成るからです。
3
上合の左側から徐々に下方に曲げられてお

ります。

軒樋と一緒に受け金具をも曲がって居るの

が、ハッキリと見て取れますね。



4
この部分は、最も被害が多き部分で大きく

下方に曲げられており、雨水は殆ど軒樋の外

に落ち込んでいた事でしょう。

雨水の落ちる音で煩くて我慢の域を超えて

居られたでしょうに?

火災保険の証書を見せて頂きますと一流会社

ご加入でしたから間違いなく被害補償を

お受けに成る事が出来ると思われますので、

急いで申請書の申請請求を致しましょう。
5
この場面でも、殆どの雨水が軒樋の外に溢れ

出ていた事でしょうね。

こちら様の受け金具はもう使い物に成りません

から全て全部交換で請求いたしましょう。
6
調査すれば調査するほど、雪被害が大きく

なってくるような錯覚にかられます。

今すぐ火災保険会社に被害の申請書を請求

して頂きましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根の落下

明かり難いかも?知れませんが、ご覧いただきますように下屋の屋根が下の方に傾いてしまいました。これは、大工さんが,只単に瓦棒の屋根をこの傾いた屋根の上に葺き上げたからに過ぎません。もう少し、体躯さんが注意を払っていただいて居ましたならば?この...........

足場架設工事

今、足場の仮設工事が始まりました。この場面は、外壁のサイディング(新興産業のサイデリア・フッ素)の上に壁当てを設置している場面です。これは、足場が倒れない様にするものです。何ヶ所かに、この壁当てを設置して行きます。

棟板金工事

やっと棟板金工事の段階まで来ました。棟板金工事も、相当長いので半日の時間が掛かりました。この様に長い棟板金工事は、初めてだった為に、心配して居たのですが?若い職人たちはいとも簡単に工事を進めます、此れには大変驚かされました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762