オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阿見町のH様の今日の工事は棟板金撤去とルーフィング工事です。


IMG_3314-columns2
この写真は、先日高圧洗浄機で綺麗にカビやごみを取り除いた写真です。
今日は、この白く見えます棟板金やその下に釘打ちしてある貫板を取り除いて(剥ぎ取って)其の後ルーフィング(防水シートの事)を敷き詰めます。
そしてルーフィングをコッパ乗せて更に釘で止めて行きます。
カバー工法
この様子は、棟換気扇を綺麗に取り外している場面です。
この棟換気扇は、今回も使用致します。
何ら問題は生じて居りません。
カバー工法
この写真は、棟板金を撤去して、棟板金を釘止めしていた貫板が、表に顔を出した場面に成ります。
此方様の貫板は、他の場所の貫板に比べて余り傷みが見受けられません。
築30年と言いますと、もっと傷みが見受けられるので有りますが?
カバー工法
然し乍ら、この黒く成って居る部分は、湿気で朽ち始めて居る部分に成ります。
これからが、傷みが早く成る寸前と考えられます。
施主様は、なんとなく屋根の葺き替え時がお分かりに成ったのでしょうか?
一番良い時期に葺き替えをなさることに成りました。
カバー工法
この場面は、ルーフィングをコンプレッサーを用いて釘打ち機で止めている場面を写真に収めたところです。
この上にガルバニューム鋼板の屋根材を葺くわけです。
今回施主様がご選択なさった屋根材は、横暖ルーフαSのブラックで御座います。
私共は、この屋根工事を15年間保証いたします。又、施工後1年目・5年目・10年目・15年目にこの工事の点検を致します。
但し、自然災害による被害については保証できません。

カバー工法
ここに大きく写って居ますのは、ルーフィングの上にコッパ(金属をこれ位の大きさに押し切りで切手鉄板で作った物)を載せ更にコッパの上に釘で止めて行きます。
コンプレッサーとくぎ打ち機で止めます。
釘だけで止めますと、ルーフィングが直ぐ破れてしまいますので、当社ではこの様に鉄板の端切れを利用してコッパを作り、丈夫な作業をさせて頂いて居ります。
カバー工法
殆どの屋根がルーフィングで覆いつくされました。
明日は、天気予報が雨の様で御座いますので、明日明後日から本格的なカバー工法に依る屋根の葺き替え工事が始まります。
カバー工法
もう少しで、完全にルーフィング工事は
終了です。
明日は、屋根材の搬入が有りますので、私だけは現場に駆け付けます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事

この写真は、2連梯子でベランダに上がり、ベランダにキャダツを立てて大屋根に登って屋根の状態を調査して居る所です。この写真の右端の屋根の一部を葺き替えると言う事でした。カバー工法と・屋根本体の交換葺き替え工事(施主様の希望工事)の二通りの提案...........

DSCN1838

ここの光景は、西側の面に成りますが?下屋の部分の軒先が割れてしまって居ます。ここの場所の軒樋は全てを交換する必要が有るように思われて成りません。

ケラバ瓦工事

瓦の右側に青く敷かれたものは、防水シートです。瓦より下の野地板迄雨水が浸透していかない様に、桟瓦下には全て個の防水シートが敷かれております。皆様方は、桟瓦が防水シートの上に葺かれて居る為に見る事が全くできないだけです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762