オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

龍ヶ崎市の長くかかった瓦棒の本体工事が本日で終了いたします。


瓦棒工事
この写真は、瓦棒を折り曲げる織機とガルバニューム鋼板を20メートルずつ丸めた筒を撮影したものです。

筒状のガルバニューム鋼板を、長く広げて織器を通して両サイドを立ち上げて、屋根に吹いて行きます。

その様子を此れからくまなくご説明致します。
瓦棒工事
この写真が、今正にガルバニューム鋼板を折り曲げている様子を撮影したものです。

現在は、電動式の便利な物が有るようですが?当社の織機は未だに手動式の為、全部を折り曲げるには相当に疲れてしまいます。

将来は、当社でも電動式の織機にしたいと考えて居りますが?果たして何時に成りますか?
瓦棒工事
この様子は、織機で両サイドを立ち上げた後、
片方をつまみで持ち上げながら折り曲げた後(手前側に有る茶色い屋根材)、今度は反対側を裏返しにして折り曲げて居ります。

何故なのか?私には分かりませんが、大切な事なんで有りましょう。
瓦棒工事
今、折り曲げて居られる方が板金職人さんを8人を束ねる社長さんです。

昨年は、千葉の災害地で仕事をなさってこられたと、お伺いいたしました。

運良く、当社の仕事をして頂くことに成りまして、有難く思って居る次第です。
瓦棒工事
この写真は、屋根に今迄下で折り曲げていた瓦棒を屋根に設置した場面です。

垂木と垂木の間に尺5寸に折られた瓦棒が葺かれました。

手前に紫色に移って居るのは、キャダツの足場の先っちょです。
瓦棒工事
この写真は、垂木の間に全ての瓦棒の本体を葺き終えた場面です。

此れからは、垂木の上にキャップを被せて工事は人と売り終了でございます。
お二人の職人さんで、終了させて頂きました。
瓦棒工事
この写真は、キャップを垂木に壁せて、釘止めをしている様子です。

両サイドに釘を止めて行きますので、相当の釘を使う事に成ります。

その釘が、少し使って居ましたので足りるかどうか不安でしたが、社長さんが言われた通り少し残りました。
瓦棒工事
この写真は、垂木の先端にキャップの先を釘止めしている場面です。

この後、棟板金をセットして今日の工事は終了で御座います。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

屋根葺き替え工事

この写真は、2連梯子でベランダに上がり、ベランダにキャダツを立てて大屋根に登って屋根の状態を調査して居る所です。この写真の右端の屋根の一部を葺き替えると言う事でした。カバー工法と・屋根本体の交換葺き替え工事(施主様の希望工事)の二通りの提案...........

DSCN1838

ここの光景は、西側の面に成りますが?下屋の部分の軒先が割れてしまって居ます。ここの場所の軒樋は全てを交換する必要が有るように思われて成りません。

ケラバ瓦工事

瓦の右側に青く敷かれたものは、防水シートです。瓦より下の野地板迄雨水が浸透していかない様に、桟瓦下には全て個の防水シートが敷かれております。皆様方は、桟瓦が防水シートの上に葺かれて居る為に見る事が全くできないだけです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762