利根町から軒天の張替えと屋根を調べて下さいと言うご依頼を頂き


軒天被害
軒天が、台風や洋風に依って被害を受けて居ります。
長い期間、このような状態で放置されて居たので有りましょうか?
施主様にお尋ねしましたところ、何回かに分けて火災保険の補償をお受けに成られたんだそうですが、軒天の補修はしていないんだそうです。
ご自分で火災保険の申請見積もりを、書くのも一つの方法で御座いますが?

詳しい事が分らない儘に申請見積書を提出することには、反対です
火災保険会社の方が、詳しく教えて下されば良いのですが?

詳しい事情は教えてくれませんので、事情が分かる業者さんにお願いされた方が絶対よろしいと思われます。
軒天被害
最初は、ここの場所の様に端や隅の所に被害が生じて参ります。

この時に補修をして対処致しますと、大きい被害に迄発展しないので御座いますが?

放って置きますと被害が徐々に広がり大きな工事に成ってしまいます。
軒天被害
この場所は、霧除けの軒天日が居場所に成ります。
この様に、いたる場所に被害が広がっていきます。

築年数をお尋ねしませんでしたが、20年以上の築年数が経って居るものと考えられます。

霧除けの様な小さい場所に迄、被害が及んで居る事から推測致します。
軒天被害
ここの場所の軒天は全滅です。
台風や強風が毎年の様に来ていますので、アッと言う間に被害が拡大してしまったのでございましょう。

此方様の場合、軒天の幅が一般的な軒天よりも広い事も、被害が拡大した原因で御座いましょう。
軒天被害
一般的な軒天の幅は、大体60cm位なのに比べて此方様の軒天は90cmと幅広くなっております。
その事と同時に、軒天の素材に合板材を使用したのが間違って居たと、言わざるを得ません。

新しい間は、合板材でも綺麗で大変いいのですが、建築の事を少しでも知って居れば絶対に合板材を使いません。

合板材ですので、古くなって来ますと、この様に状態に成る事は、最初から分かり切って居ります。

少しばかりの値段の節約をした心算でも肝心な場所の素材をケチってはいけないのです。

軒天被害
ここの場所の、軒天も時間の問題で、全ての軒天が剥がされてしまうでしょう。
軒天は、最低でもケイカル版と言う素材が御座いますので、ケイカル版を使われることを推奨いたします。

但し、ケイカル版の短所は水に大変弱いという事なので、必ず塗装を二度塗することをしなければ成りません。

只、最近では塗装の要らないケイカル版も開発されましたので、材木屋さん等にお尋ねに成って下さい。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

阿見町のS様でやっと雨が止んだので駐車場の伸縮門扉工事がです

伸縮門扉
伸縮門扉
工事内容
その他の工事
使用素材
伸縮門扉(LIXIL)
築年数
建坪
保証
工事費用
295,000円
施工事例

阿見町のO様で今日明日の2日間松の剪定と生垣の消毒をします。

松の木の剪定
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
74,520円
施工事例

棟板金工事の依頼を受けた土浦市のS様から戸袋工事の依頼です。

戸袋張替工事
戸袋張替工事
工事内容
その他の工事
使用素材
横暖サイディング・廻り縁
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
11万円

同じ地域の施工事例

施工事例

利根町のM様邸から雨樋等が壊れたので直して下さいとの依頼から

軒樋ジョイント外れ
軒樋補修工事
工事内容
その他の工事
使用素材
接着剤・コーキング
築年数
建坪
保証
工事費用
402,948円
施工事例

利根町からご依頼を受けた漆喰のこうじが終了いたしました

鬼瓦漆喰工事
鬼瓦修理中
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

利根町から屋根瓦の釘が浮き出ているんです調べて下さい。

IMG_0757-1
棟状況5
工事内容
屋根補修工事
使用素材
コーキング
築年数
16年
建坪
保証
工事費用
3,240円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

塩害被害

この写真は、玄関の破風の両サイドの板金が昨年の台風24号の塩害に依って赤茶色に錆が来てしまった被害を受けた様子です。この写真を見て見ますと、何処にも傷らしき場所は無いのですが、板金を強く折り曲げた場所が錆びてしまって居る様子に成って居ります...........

太田邸

お近くのA様のご紹介でした。A様宅は、3年前に屋根をコロニアルで葺き替え工事をさせて頂いたお客様です。昨年も土浦市でブロック塀の積み替え工事を御依頼されたお客様でした。今回は、K様をご紹介頂きまして有難うございました。最近茨城で開業しまして...........

天井張り替え

S様邸に初めてお伺いして一番最初にご相談を受けたのは、この2階の8畳間の雨漏り工事に付いてで御座いました。天袋の天井版を剥して、身の軽い大工職人が懐中電灯を片手に天井裏に上って屋根裏の状況を確認させて頂く事から、工事が発展し、屋根からの雨漏...........