先日雀の巣の撤去の件で、お伺したお宅様の工事を承りました。


工事のきっかけ

雀の糞が落ちるように成って、雀の巣があることに築いたのが、雀退治のきっかけとなりました。

守谷市 雀退治工事

ビフォーアフター

before
雀駆除工事
horizontal
after
雀退治工事

工事基本情報

施工内容
施工期間
2時間
使用材料
モルタル
施工内容その他
雀退治工事
築年数
保証年数
工事費用
37,800円
建坪
70坪
ハウスメーカー
雀の巣撤去工事
お邪魔致しました所、とても大きいお宅で驚いてしまいました。

建坪70坪だそうです。
私の家の約2倍の住宅です。

守谷市の中心地ですから、地価も高いし・創りもハウスメーカーさんんの様ですから建築費も相当な金額がしたものと思われます。
雀の巣の撤去工事
御家族は、何人でお住まいなのか存じ上げませんが、相当な広さで有る事に間違いは御座いません。

築年数は、お聞きしませんでしたので不明ですが、最近の新興住宅付近で雀退治のご依頼を多くいただきます。
雀駆除工事
調査をして見ますと、施主様のご指摘の通り、この写真の左端の棟瓦の直ぐ脇の所から雀の出入りが、確認できました。
雀駆除工事
この様に、棟瓦のすぐ下に大きく穴が開いております。
この様な状況ですと、雀は格好な住みかと考えて、巣作りをはじめてしまいます。
この写真でも軒樋の内側に雀の糞があるのがお分かり頂けるかと?思います。

この場所で、次から次へとヒナを育ててしまうことでありましょう。
雀駆除工事
この状態は、モルタルを雀の巣の穴の中に詰め込み始めた場面になります。

高い2連梯子の上での作業になりますので、容易く作業が進みません。

注意を払って且つ、真剣な作業が続きます。
雀駆除工事
左の写真の状況から、釣り首と言う瓦職人用の小手を使って、撫でつけてやっと皆様方に披露できる工事になりました。

これで、雀は侵入することは出来ないと思います。

新築の時に、軒樋を設置した後に、再度瓦職人さんが確認しておけば、このような事態には成らなくて済んだのにと思うと残念で仕方がありません。

同じ地域の施工事例

施工事例

守谷市のH様邸の、ガルテクト材でのカバー工法の葺き替えです。

カバー工法
カバー工法
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
アイジー工業のガルテクト
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

守谷市のA様から工場のケラバ板金飛散の修理の依頼が来ました。

ケラバ板金工事
ケラバ板金工事
工事内容
その他の工事
火災保険
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
183,600円
施工事例

守谷市から雨樋にひょう被害を受けましたので調べて下さい。

ひょう被害2
軒樋ひょう被害
工事内容
雨樋交換
使用素材
エスロンの軒樋105新茶・立樋60新茶・金具一式
築年数
建坪
保証
工事費用
596,000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

1番雨漏りの原因場所が、この部所と辺りを付けて調査を進めて見ました。雨漏りして居る部分の屋根の場所が、此処に位置する事から、この部分を中心に調査を進めて見ました。

東海

瓦が吹き飛ばされたと言う場所は、この様な所で御座いました。瓦職人が、下屋に2連梯子を掛け、隣の屋根に板を2枚敷きまして、キャダツを大屋根に掛けまして、雨樋の上合に引っ掛かっていた丸瓦(運良く無傷でした)をコーキングで止めました。

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。