土浦市のM様宅の屋根葺き替え工事の様子を、ご紹介いたします。


屋根葺き替え工事
おの場面を紹介いたしますと、瓦を屋根から撤去した所で、周りのケラバ瓦と軒先の饅頭瓦が残って居るだけに成って居ます。
IMG_3422-1-columns2-overlay
この場面は、瓦の撤去が終了しまして、今から瓦残(瓦をこの桟に引っ掛けて屋根を葺きます)を撤去す直前の様子です。
屋根葺き替え工事
この写真は、大屋根の部分の屋根葺き替え工事が終了した場面に成ります。
屋根葺き替え工事
ここの様子は、裏側の下屋の工事が終了した場面に成ります。
屋根葺き替え工事
ここの様子は、タディスセルフと言う現在では一番良いルーフィング(防水シート)を貼り付けた場面です。
一般的には、ルーフィングはタッカーで打ちと目致しますが、このタディスセルフは裏側に接着剤が施されて居ますので、裏側の紙を剥ぎ取るだけで、張る事が叶います。
値段の事を申し上げますと普通のルーフィングの倍以上致します。
屋根葺き替え工事
この写真は、下屋の玄関の直ぐ裏側の葺き替え工事が終了した場面です。

屋根葺き替え工事
この場面は、今迄使われて居りました瓦の
撤去をしているところです。
土嚢袋に数枚ずつ入れて、下に荷揚げ機でおろします。
然し、瓦捨て場に行きましたならば、袋から出さなくては成りません。
屋根葺き替え工事
この写真の工事が一番苦労致しました。
何故ならば、ベランダを支えて居る足の部分が邪魔をして居まして、その足を数人で持ち上げなければ屋根を葺くことが叶わないからです。
屋根葺き替え工事
この部分は、玄関の直ぐ上の屋根を葺き替えた場面です。
雪止めもつけさせて頂きました。
雪止めは、雪が一度に落下する事を防ぐために設置されます。
屋根葺き替え工事
この写真は、雨押えの部分の工事を撮影いたしました。
雨押えは、雨水が外壁と屋根材の隙間から侵入しない様にする工事に成ります。