台風等で何故棟板金が吹き飛ばされるのでしょうか?


棟板金
コロニアル(スレート)の屋根の棟板金が、台風や強風で吹き飛ばされた事例が沢山有りました。

これは何故、棟板金が吹き飛ばされてしまうに出しょうか?
棟板金
この写真が、棟板金を撮影した物です。

何故、この棟板金が強風等に依って吹き飛ばされてしまうのでしょうか?

その理由は、棟板金を釘で止めて居る貫板が雨水や(水)夏の太陽に依って棟板金が熱せられ夜に成ると冷えて)水蒸気が発生して、貫板を朽ちさせるからで御座います。
ルーフィング
この写真は、ルーフィング(防水シート)を撮影した物です。

このルーフィングは、貫板やエコランバーの
下に敷きまして、雨漏を防ぐ役目を持たせております。
エコランバ―
この写真は、貫板とエコランバーを撮影した物です。
木材が貫板で・樹脂で出来た黒い色をしたのがエコランバーです。
エコランバーは、樹脂で出来て居りますので水分に強くて朽ちる事が御座いません
貫田は、釘で止めるのに対してエコランバーはビスで止めます。
エコランバ―をビスで止する場合、チョットした工夫が必要です。

このエコランバーを使う事に依り、強風や台風で吹き飛ばされる事を防ぐ事が出来ます。

棟の工事をなさる場合には、ご連絡を下さいませ。