私達が工事をする場合に一番重要な事を引き受ける足場に付いて!


足場工事
足場工事の職人さんには、若手の方が多く見受けられます。
その訳は、簡単な事です。
若く無ければ、力仕事が出来ないからです。
足場架設の最中には、足場が固定されて居ない中、重たい足場の架設をしなければ成らないのです。
足場やさんは、医療業務の先生方で例えますと麻酔の先生方に成ります。
麻酔の先生が麻酔をかけて下されなければ手術をする事が出来ません。
同様に足場屋さんが、足場を架けて下されなければ、私どもは工事をする事が出来ません。
この写真で見られるものは、アンチと言います。
足場工事
この写真はしゃ板を撮影した物です。
歩み板と言う職人さんもいるようです。
足場工事
この写真は、ブラケットを撮影した物です。このブラケットには、大きいものと小さい物が有ります。
多き物を大ブラ・小さいものを小ブラと言います。
足場工事
この写真は、を撮影した物です。
この柱には大きく分けて3種類あるようです。
長さに依って使い分けている様で御座います。
足場工事
この写真もを撮影した物です。
足場工事
こちらでは、奥に見えて居ります、筋交いをご案内させて頂きます。
この筋交いが無ければ、足場がグラグラ揺れて職人さん方が、作業をする事が出来ません。
足場工事
シャ板を積んだ所の写真に成ります。
この様に裏側と表側を向けて、積み込みます。
反対に積みますと、トラックの荷台から落ちてしまう恐れが・荷崩れの恐れが有りますので、絶対に反対に積むことは御座いません。
足場工事
この写真は、柱を差し込むジャッキを撮影しました。
このジャッキで柱の高さの調節を行います。