龍ヶ崎市で、吹き飛ばされた丸瓦の設置工事と漆喰の現状調査です


台風被害
この場所の丸瓦が、昨年の10月1日の台風24号で吹き飛ばされた様子で御座います。
では、何故台風に依って吹き飛ばされたので有りましょうか?

台風の強風だったから致し方が無いと言うお考えも有りますでしょうが、原因はその他にも有る様に思われます。
台風被害
この写真は、吹き飛ばされて運よく雪止めの所に引っ掛かっていて、割れずに助かった丸瓦を元の位置に設置した場面で御座います。

ここの棟は、丸瓦の上に敷きました貫板の上に釘で打ち付けた棟工事に成って居ました。

台風被害
良ーくご覧下さいませ。
桟瓦の上にナンバンを乗せて棟を作りその上に釘で貫板を止めると言う昔のやり方で御座います。
以前の方法としましては、この方法でも最新の方法で御座いました。

現在では、5寸丸瓦を7寸丸瓦に変更して、棟金具を使った方法(強力棟と言われております)と、貫板をエコランバ―(樹脂で出来た物で湿気で朽ちることが無い製品)
に交換してビス止めをする方法の二通りの工事の仕方が御座います。
お値段的には、エコランバーを使った方が安い費用で済みます。
台風被害
この場所の丸瓦が台風に依って吹き飛ばされました。
釘穴が、大きく成り釘がゆるんで、吹き飛ばされたのでありましょう。
ナンバンに止めていたであろう釘も見つかりませんでした。
瓦を葺いた当時には、釘穴にコーキングを打って、雨水が瓦の中に侵入する事を防いで居たので有りましょうが、年月と共にコーキングが痩せて(効き目が無く成って)
穴より雨水が侵入す事に成りまして、貫板が朽ちて来て今回の様に瓦が吹き飛ばされる事に成ったので御座います。
台風被害
この様な現象は、これから台風などの大風の時には、毎回起こり得る現象かと思われます。
台風被害
漆喰を奥様が心配なされて居られましたので調査致しましたが、漆喰は未だ頑丈な状態で御座いました。

同じ地域の施工事例

施工事例

龍ヶ崎市で、台風で吹き飛ばされた棟瓦の、補修工事の案内です。

台風被害
台風被害
工事内容
その他の工事
使用素材
エコランバ―・銅線・コーキング・ビス
築年数
建坪
保証
工事費用
126,900円
施工事例

龍ヶ崎市のH様から、パナペット裏塗装の追加注文を頂きました。

パなぺⅩと裏塗装
塗装工事
工事内容
部分塗装
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
50,000円
施工事例

龍ヶ崎市のH様で、瓦棒屋根のカバー工法がスタート致しました。

瓦棒屋根
棟工事
工事内容
屋根カバー工事
足場
使用素材
ガルバニュウム鋼板
築年数
建坪
保証
15年間
工事費用
643,317円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

台風15号被害工事

愛風15号に依って、瓦が無残に葺き上げられて居る状況です。屋根瓦そのものの被害は、あまりひどくないのですが?桟瓦の下の防水シート・ルーフィングが至る所で亀裂が走ってしまったのでしょうか?家の中の天井裏に多大な被害が起きてしまいました。

IMG_3835

台風15号に依って瓦が煽られた、この部分から雨漏りが発生して居りました。従いまして、一早くこの部分だけでも雨漏り防止の為の工事をして欲しいんだそうです。幸いなことに瓦残迄には、被害が及んで居ませんので、本日はここの場所だけには雨漏り対策とし...........

台風15号被害

稲敷市のS様邸の台風15号に依る被害状況です。数か所の桟瓦(一般的には平瓦と呼んでおられるようでございますが?我々職人の間では瓦残に引っ掛けて屋根を葺きますことから桟瓦と呼んで居ります。)が吹き上げられたり吹き飛ばされてしまいました。