守谷市から6月16日のひょう被害を受け軒樋に穴が開いています


樋被害1
こちら様の雨樋はグンバイDL-K35と言う
珍しい稀に見るメーカーの製品でした。

だからと言ってこのメーカーの製品が悪いと言う事は全く御座いません。

むしろ、このメーカーさんは相当長い期間製品を温存してくれますので修理をする側としましては有難い思いで一杯です。

この場面では、軒樋がひょうに依って穴が開けられた情景を撮影した場面です。






樋被害2
こちらも軒樋にひょうにより被害を受けた
所を写真に納めました。

北側と西側の雨樋に被害を受けて居りまし
てその他には全く被害は見受けられません
でした。
樋被害3
こちら側の様子は、西側の軒樋の様子で御
座いまして、今回の被害はこの西側が一番
ひょう被害を受けて居りました。

合計5ヶ所にひょうに依って穴を開けられ
ておりました。

15~16年前のひょう被害を思い出させて
くれるぐらいでした。

樋被害4
北側と西側の境にある様子ですが、穴が開
いている方は、北側に成ります。

丁度曲り(軒のコーナー部分で軒樋と軒樋
を接続する役物を曲りと言います)が変形
しているのがお分かり頂けますか?
雨戸鏡板1
この場面は、雨戸の鏡板がひょうに依って
傷をつけられた様子を撮影いたしました。

北側でこの3枚と西側に2枚の雨戸の鏡板
にひょう被害を見て取れます。

以前のひょうの時よりは被害は小さいよう
ですが、今回も雨戸までに被害が及んだん
ですね。



ひょう被害1
ここで見られるのは、軒樋の止りがひょう
により被害を受けた状況です。

少しとまりが欠けているのが分かりまか。
(止り田は軒樋のいちばん最初と最後に取り付けられる役物です)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。

阿見町の塗装工事

築26年と言うご主人様のお話を伺いまして、屋根のカバー工法に依る葺き替え工事の方法を検討する為に、屋根に上がって調査をさせて頂きました。余りにも傷みが激しい場合には、カバー工法による葺き替えは出来ません。その時には、コロニアルを撤去して金属...........

ガルバニュウム鋼板

この写真は、屋根材のガルバニュウム鋼板を必要な長さに揃えて切断して、軽トラで2回に分けて自宅迄運んで来た場面です。余りにも重たいので、自宅まで運び入れるのに2回に分けました。