オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
工事の受付・お問合せ一時休止のお知
らせ

龍ヶ崎市から1階の天井に雨漏りがしているので調べて下さい


雨漏りの痕跡
1階の室内に2ヶ所程この様な雨漏りの痕跡がクロスにt出来て居ります。
下屋の部分からの雨漏りに間違いございませんので、屋根に上って調べる事に致しました。
この場所のクロスの下側は、下地材と下地材が重なり合う場所だと思われます。
ぽっかり口をあけた穴
梯子を掛けて下屋に上りましたら、目の前にこの大きな穴が有ります。
どうしてこの様な穴が有るのか分かりませんでしたが、この穴から雨水が瓦の中に因乳して居る事に間違いございません。
良ーくお話をお聞きいたしますと、風向きや大雨の時に雨漏りが起きると言う事で御座いました。
雨漏り捨て谷
瓦を7枚ほど捲り上げて調査いたしましたところ、捨て谷が敷かれてありました。

只、大雨の場合は捨て谷の高さが低い為この捨て谷より高く成り溢れた雨水が左右上下に
流れ出て雨漏りとして1階の天井に出てきたものと推測出来ました。
穴をふさいだ状況
大きい穴を漆喰に合わせて白い粘土材を詰め込みました。
この粘土材は、一般的にクーラーの室内から室外機に繋ぐ配線の穴を塞いでいる材料で御座います。

屋根屋らしく、漆喰で防いだ方が良いのかどうかと迷いましたが?長期間維持させるには粘土の方が長持ちしますので粘土を選択いたしました。
打て谷の状況
瓦職人の悪い癖(一面)で御座いますが、良くこの様に瓦を割った欠片などを桟瓦の中に置いてくる事が有ります。

瓦職人のハンマーは先が鋭く尖って居りまして、その尖った部分を利用して瓦に穴を開けたり瓦を少しずつ割る場合に便利に作られております。

この場面の欠けた瓦の右端に小さな穴が開いて居りましたので此処にはコーキングを打っておきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

戸袋手直し工事

この写真は、瓦の途中に金具を2本差し込んで、その金具に垂木を挟んで。足が瓦から滑り落ちない様にした様子を、写真に納めまた所を撮影させて頂きました。瓦の上で工事をします時には、忘れないで、この工事をする必要が御座います。

屋根葺き替え工事

この写真は、2連梯子でベランダに上がり、ベランダにキャダツを立てて大屋根に登って屋根の状態を調査して居る所です。この写真の右端の屋根の一部を葺き替えると言う事でした。カバー工法と・屋根本体の交換葺き替え工事(施主様の希望工事)の二通りの提案...........

DSCN1838

ここの光景は、西側の面に成りますが?下屋の部分の軒先が割れてしまって居ます。ここの場所の軒樋は全てを交換する必要が有るように思われて成りません。

信頼の施工実績
お客様の声
9時~18時まで受付中!!
03-3779-1505