オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

阿見町での工事現場の2日目の作業状況を、ご覧くださいませ。


松の選定作業
この写真は、剪定作業に入る前の状況です。
2年前に剪定作業を下のですが、少しの間に相当松の枝も伸びるもんなんですね。

クレーンに載って、操縦をしながら剪定作業をしておりますが、慣れたもんです。
スムーズな操作で左右上下と操縦して作業を進めて居られます。
松に気の選定作業
この状態まで作業も進んできました。
後どの位掛かるのか職人に尋ねますと、剪定だけでも一日、松の姿・形を作るのに一日で合計2日掛かるんだそうです。
松の剪定の事が、全く分からない私には驚きしか御座いませんでした。

剪定する事も大事だが、姿・形をととのえて行くのが植木職人の腕・技なんだそうです。

その過程が、植木職人の楽しみなんだそうです。
外塀工事
外の塀の内側の様子です。
この部分もノミとハンマーで剥ぎ取ってこの様な状況までした場面です。

この剥ぎ取る作業が大変な仕事で、私が工事に当たれば、これだけの作業に一日掛かってしまう事で有りましょう。

流石職人さんです、3時間ぐらいで剥ぎ取り作業を終了いたしました。
外塀工事
開ぎ取り作業が終了するや否や、コンクリートを混ぜて、今度は剥ぎ取った外塀を塗り始めました。
この作業は、早いですね。

下の方から上に向かって、セメントを塗って居りますが、瞬くの間に工事を終える事が出来ました。
松の木剪定工事
松に木の剪定が一段落して、この様子は松の木を下の方に何回も引っ張って結び付けて居ります。
この行為が姿。形を美しい松の木に変化させる為にして居る行為なんでありましょう。

何年にも掛けて強制するのだそうです。
松の木を痛めない様に少しづつ、強制を繰り返していくんでしょうね。
アルミフエンス工事
この様子は、階段を登り切った場所にアルミフェンスを
再度設置する為に深い穴を掘って
木枠をセットした所に、セメントを流し込んだ様子を撮影したものです。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

下屋根の落下

明かり難いかも?知れませんが、ご覧いただきますように下屋の屋根が下の方に傾いてしまいました。これは、大工さんが,只単に瓦棒の屋根をこの傾いた屋根の上に葺き上げたからに過ぎません。もう少し、体躯さんが注意を払っていただいて居ましたならば?この...........

足場架設工事

今、足場の仮設工事が始まりました。この場面は、外壁のサイディング(新興産業のサイデリア・フッ素)の上に壁当てを設置している場面です。これは、足場が倒れない様にするものです。何ヶ所かに、この壁当てを設置して行きます。

棟板金工事

やっと棟板金工事の段階まで来ました。棟板金工事も、相当長いので半日の時間が掛かりました。この様に長い棟板金工事は、初めてだった為に、心配して居たのですが?若い職人たちはいとも簡単に工事を進めます、此れには大変驚かされました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りならつくば稲敷店にお問合せ下さい!
8時~19時まで受付中!!
0120-841-762