龍ヶ崎市から1階の天井に雨漏りがしているので調べて下さい


雨漏りの痕跡
1階の室内に2ヶ所程この様な雨漏りの痕跡がクロスにt出来て居ります。
下屋の部分からの雨漏りに間違いございませんので、屋根に上って調べる事に致しました。
この場所のクロスの下側は、下地材と下地材が重なり合う場所だと思われます。
ぽっかり口をあけた穴
梯子を掛けて下屋に上りましたら、目の前にこの大きな穴が有ります。
どうしてこの様な穴が有るのか分かりませんでしたが、この穴から雨水が瓦の中に因乳して居る事に間違いございません。
良ーくお話をお聞きいたしますと、風向きや大雨の時に雨漏りが起きると言う事で御座いました。
雨漏り捨て谷
瓦を7枚ほど捲り上げて調査いたしましたところ、捨て谷が敷かれてありました。

只、大雨の場合は捨て谷の高さが低い為この捨て谷より高く成り溢れた雨水が左右上下に
流れ出て雨漏りとして1階の天井に出てきたものと推測出来ました。
穴をふさいだ状況
大きい穴を漆喰に合わせて白い粘土材を詰め込みました。
この粘土材は、一般的にクーラーの室内から室外機に繋ぐ配線の穴を塞いでいる材料で御座います。

屋根屋らしく、漆喰で防いだ方が良いのかどうかと迷いましたが?長期間維持させるには粘土の方が長持ちしますので粘土を選択いたしました。
打て谷の状況
瓦職人の悪い癖(一面)で御座いますが、良くこの様に瓦を割った欠片などを桟瓦の中に置いてくる事が有ります。

瓦職人のハンマーは先が鋭く尖って居りまして、その尖った部分を利用して瓦に穴を開けたり瓦を少しずつ割る場合に便利に作られております。

この場面の欠けた瓦の右端に小さな穴が開いて居りましたので此処にはコーキングを打っておきました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨漏り調査

1番雨漏りの原因場所が、この部所と辺りを付けて調査を進めて見ました。雨漏りして居る部分の屋根の場所が、此処に位置する事から、この部分を中心に調査を進めて見ました。

東海

瓦が吹き飛ばされたと言う場所は、この様な所で御座いました。瓦職人が、下屋に2連梯子を掛け、隣の屋根に板を2枚敷きまして、キャダツを大屋根に掛けまして、雨樋の上合に引っ掛かっていた丸瓦(運良く無傷でした)をコーキングで止めました。

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。