龍ヶ崎市で軒天張替工事、その後塗装・破風塗装を行いました。


かのまた5
軒天張替工事の依頼で足場を架けました。
軒天とは、屋根裏の下部分のことで、大体白とか茶色の部分になっています。今回のK様邸は茶色でした。本日は足場掛けで終了です。

かのまた9
2日目は養生後、軒天と破風の下塗り・上塗り2回、計3回塗りして終了です。ここで注意しなければいけないことがあります。皆さんも職人さんが果たしてこのような一手間を掛けるかどうか観察してください。釘の頭にパテを入れるか入れないか?この一手間で軒天の丈夫さが数段違います。職人なら絶対手を抜いてはいけない工程です。しかし、往々にして手を抜くのではなく忘れてしまう事がありますから注意して観察してください。

かのまた5
この写真は下塗りが終わった状態です。軒天と破風が白く塗られているのがお分かりだと思います。
破風とは、軒天と屋根の境目にあります。(雨樋があるところのことを言います)破風は今回は高圧洗浄では無くケレンの方法を採用しました。何故なら高圧洗浄ですと、外壁や雨戸等を汚す恐れが考えられるからです。
かのまた10
この写真は軒天の張替・釘頭パテ仕上げ・破風塗装・軒天塗装・足場撤去で工事が無事終了したところです。お客様より「ありがとうございました」という嬉しいお言葉を頂き心ウキウキ帰途につきました。
軒天を全て貼替後、下地塗装・上塗装を2回実施いたしました。まず、足場を架けてから軒天を貼替、軒天塗装と破風塗装を行いました。こちらも火災保険の適用が認められ工事費用は保険で賄うことができ、お客様は大喜びです。皆さんも自然災害は普通の火災保険が適用になりますので覚えているとお得になりますよ。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。

阿見町の塗装工事

築26年と言うご主人様のお話を伺いまして、屋根のカバー工法に依る葺き替え工事の方法を検討する為に、屋根に上がって調査をさせて頂きました。余りにも傷みが激しい場合には、カバー工法による葺き替えは出来ません。その時には、コロニアルを撤去して金属...........

ガルバニュウム鋼板

この写真は、屋根材のガルバニュウム鋼板を必要な長さに揃えて切断して、軽トラで2回に分けて自宅迄運んで来た場面です。余りにも重たいので、自宅まで運び入れるのに2回に分けました。