今日は、雨樋の名称を詳しく説明しますのでご参考にして下さい


雨樋の説明
この写真は、当社に在庫して居る立樋を撮影したものです。
ここでは、半丸の立樋ホワイト・新茶・ブラックの3種類しか撮影して居りませんが、角樋等も有りますし、径の大きさも大きく分けただけでも2種類有りますので全部を紹介する事は出来ません。

立樋は、軒樋の種類に依って選択しなければ成りませんので、軒樋を選択する事が第一に成ります。
雨樋の種類
この場面は、角の軒樋の色の見本が有りましたので撮影いたしました。
左の列の上からミルクホワイト・パールグレー・モダンベージュ右側に移って上から新茶・オークブラウン・ブラックと呼ばれております。
軒樋の種類は大きく分けて半丸と角樋に成ります。

長さは3メーター60センチ大きさは様々ですので、ご紹介は出来ません。
雨樋紹介
この場面では、雨樋のパーツ(役物)をご紹介申し上げます。

左の列の上からジョイント(半丸の軒樋と軒樋を接続する場合に使用するものです、その下は止りと言いまして軒樋の一番端に取り付けて、雨水を堰き止める役物です、次はソケットと言いまして立樋と立樋を繋ぐ場合に使用するものです、最後は曲りと言いまして軒樋のコーナーで使用するものです、美側の列にうつります、集水器(上合)とも言います、軒樋と立樋を繋ぐものです、次は角樋のジョイントです、次は併せマスと言いまして立樋を2本まとめる役物です。
雨樋紹介
ここでの紹介は、金具に成ります。

丸い金具はデンデンと言いまして、外壁に打ち込んで丸い輪っかの中に立樋を入れて使用するものです。
右側の2本は軒樋の受け金具に成ります。
破風にビス止めして軒樋を受ける役目をしている金具です。
最後に雨樋のメーカーをご紹介いたします。
大きく分けて、積水(エスロン)・ナショナル・グンバイの3種類が御座います。
メーカーが異なりますと部材や役物が使用出来ませんので、ご注意してください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

阿見町のO様で今日明日の2日間松の剪定と生垣の消毒をします。

松の木の剪定
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用
74,520円
施工事例

棟板金工事の依頼を受けた土浦市のS様から戸袋工事の依頼です。

戸袋張替工事
戸袋張替工事
工事内容
その他の工事
使用素材
横暖サイディング・廻り縁
築年数
40年
建坪
保証
工事費用
11万円
施工事例

利根町のM様邸から雨樋等が壊れたので直して下さいとの依頼から

軒樋ジョイント外れ
軒樋補修工事
工事内容
その他の工事
使用素材
接着剤・コーキング
築年数
建坪
保証
工事費用
402,948円

同じ地域の施工事例

施工事例

稲敷市の外壁屋根塗装等の工事が終わりましたのでご紹介します。

足場工事
足場工事
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
その他の工事
足場
火災保険
使用素材
溶剤塗料
築年数
建坪
保証
工事費用
1,350,000円
施工事例

稲敷市のH様から玄関に雨漏りが発生したので修理をして下さい。

雨漏り工事
雨漏り工事
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
板金・漆喰・ナンバン
築年数
建坪
保証
工事費用
243000円
施工事例

稲敷市のY様から台風に依り被害を受けた屋根瓦の修理依頼です。

台風24号被害
工事内容
屋根補修工事
使用素材
7寸丸瓦・ナンバン
築年数
27年
建坪
26坪
保証
工事費用
18万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

東海

瓦が吹き飛ばされたと言う場所は、この様な所で御座いました。瓦職人が、下屋に2連梯子を掛け、隣の屋根に板を2枚敷きまして、キャダツを大屋根に掛けまして、雨樋の上合に引っ掛かっていた丸瓦(運良く無傷でした)をコーキングで止めました。

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。

雨戸補修工事

施主様のご要望で、下屋とガラス窓の隙間からの雨漏り調査の為に、どうしても戸袋の裏側の調査が出来ない為に、鏡板を1枚だけ取り除いて調査する必要が出た為に鏡板を1枚だけ撤去致しました。隙間を塞ぐものとしましては、一般的には雨押えが有りますが、雨...........