鹿嶋市のK様から台風被害の破風巻と這い樋の補修見積依頼です。


台風被害
玄関側の写真です。
ここの場所の台風24号に依る被害は破風の塗装が剥がれ落ちたり破風事態が破損による被害を受けた為に撮影いたしました。
皆様方にこの写真から破風の長さを計測するのにどの様な方法が有るのかを、ご説明致します。
一般的な方法は、2段長梯子を立てて巻き尺で計測するやり方で御座います。
然し、私達職人はもっと簡単な方法で計測致します。

破風の長さを一番下で計測しまして、勾配の係数をかける事に依って正確な長さを求める事が出来ます。

台風被害
玄関側から臨んで左側の様子を撮影致しました。

何故ならば、火災保険で補償を受けられるので有れば、足場を立てる範囲を計測しなければ成らないからであります。
台風被害
玄関側に設置されて居ります、インターホンを撮影致しました。

何故ならば、今回の台風に依る塩害が(海から相当離れた地域でも塩害が発生して居る為です)発生した為に、インターホンが使用不可能に成ってしまいました。
台風被害
玄関側の真後ろ側の様子で御座います。

アンテナに被害が生じて、テレビが良く見る事が出来ない場合が有るんだそうです。

又、こちら側の破風の塗装にも被害が及んで居ります。
台風被害
玄関から見まして、右側の駐車場側から撮影した写真です。
ここの場所の破風の塗装にも被害が及んで居りますので撮影いたしました。

破風の塗装には、全ての場所で台風被害の痕跡を見る事が出来ます。
台風被害
ここの場所では、雨樋の内、立樋が台風に依って吹き飛ばされてしまいました。

特に這い樋は屋根に入ぢの痕跡が残っているだけで、全部吹き飛ばされました。

下屋の上合(マス)も少し欠けてしまいました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

守谷市の本日の工事は、軒樋と立樋の撤去と破風板金巻きです

破風鈑金巻1
破風鈑金巻2
工事内容
破風板板金巻き工事
雨樋交換
使用素材
築年数
32年
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

鹿嶋市から強風で屋根材が何枚か吹き飛ばされたので見て下さい。

屋根補修1
コロニアル屋根修繕後
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
同種の物を張り付け工事です
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

鹿嶋市の台風で雨水が溢れ出るように成った軒樋の交換工事です

1
6
工事内容
雨樋交換
使用素材
エスロンΣ90・吊り金具
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

板金巻き工事

玄関の直ぐ上の破風の様子で御座います。相当左端の部分が傷んでしまいました。この部分をベテランの板金職人は、コーキングと板金で持って見事に、全く見違える破風に変身させました。その光景が、右側の破風で御座います。

足場工事

この光景は、足場の架設が終了してメッシュで周りを覆いつくした場面で御座います。このメッシュは、品物や道具類を落とした場合に下の人に怪我等を負わせない様にする為と、高圧洗浄の放水がご近所の皆様方に後迷惑をお掛けしない様に防御する役目をも負って...........

台風被害

棟板金が殆どの所で台風の被害を受けて、飛散されたり釘が大きく浮き出ている状況に成って居ります。施主様のお考えの様に相当の期間手を入れて居られない事が理解出来ましたので、今回はガルバリウム鋼板の横暖プレミアムαSで葺き直す事をお勧め致しました...........