利根町のM様のカーポートの屋根材が台風で、被害を受けました。


台風被害
カーポートのアクリルの屋根材です。
この屋根材が6枚御座いますが、6枚全てに大小に傷が着く台風被害を浴びて居ります。
最初に訪れた時には、カーポートの台風被害には気付きませんでしたが、2度目に訪れた時に気付き施主様にお尋ねしました所、火災保険に加入して居られると言う事で、台風被害で補償を受けられる事を御提案致しました。
台風被害
今回の台風で被害を受けたカーポートの屋根材は、アクリル板で御座いますが、今日ではアクリル板の屋根材は製造されて居りませんので、ポリカ材の屋根材で屋根を葺き替える事に成ります。

アクリル板より数段ポリカ材の方が強いので施主様に取りましては、好都合と成ります。
台風被害
エスロン(積水化学)の立樋の被害状況です。
台風で、軒樋が持ち上げられた為に立樋が上にずれてしまいました。
その為に少し立樋の寸法が短く成り、狂いが生じてしまいました。
台風被害
この様に、台風の被害に遭った為に隙間が出来てしまいました。

この部分は、簡単な工事に成りますが、台風に依る被害ですので、被害申請を致します。

この様な被害が合計2ヶ所に見受けられます。
台風被害
この写真は、軒樋が(エスロン制)ジョイント(軒樋の繋ぎの部分の事をジョイントと言います)の部分が口を開けたように開いてしまいました。

この場所から雨漏りが、激しくてうるさいんだそうであります。
台風被害
ここの屋根材にも、小さい被害を被りました。
6枚有る屋根材の全てに大小の傷が御座います。
砂ぼこりや雨漏りが激しいんだそうであります。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。

阿見町の塗装工事

築26年と言うご主人様のお話を伺いまして、屋根のカバー工法に依る葺き替え工事の方法を検討する為に、屋根に上がって調査をさせて頂きました。余りにも傷みが激しい場合には、カバー工法による葺き替えは出来ません。その時には、コロニアルを撤去して金属...........

ガルバニュウム鋼板

この写真は、屋根材のガルバニュウム鋼板を必要な長さに揃えて切断して、軽トラで2回に分けて自宅迄運んで来た場面です。余りにも重たいので、自宅まで運び入れるのに2回に分けました。