牛久市のO様から、台風被害を直して下さいと御依頼を頂きました


台風被害
先ず、このカーポートの屋根材に被害を受けて居りました。

只、台風により屋根材が品切れに成って居り遅いものですと3か月待たなければ順番が来ないと言う状況に様で御座います。

今迄の様にアクリル材が有りますと助かりますが、げんざいでは、ポリカ材しかないと言う状態で、皆さん苦労して居ります。
台風被害
屋根に上がって瓦の状態を調査しなければ成らない為、2段梯子を屋根に立て掛け屋根職人がスルスルと登って行きました。

5か所位に被害が生じて居りましたが、応急手当のできる場所は手直しをし、瓦が掛けている場所は、ブルーシートをかぶせて置きました。

瓦の品番種類を確かめて、後日補修に参ります。
今日の応急処置で、先ずは雨漏りがしないはずですから、お待ちください。

台風被害
裏側にまわりましたら、ツタが外壁にまつわりついて居ります。
施主様が好んで、この様にしている方が居られますので、この件には触れる事無く、台風被害の処置ついてのみ、話を進めさせていただきました。
台風被害
良く、今回はフエンス等にも台風被害が多く見受けられますので、フエンス等にも注意を注いで確認したのですが、大丈夫で誤差いました。
台風被害
この場面に於いても、何等被害を見つける事は出来ませんでした。
丁寧に調査をしませんと、見落としヶ所が有りますと信頼を無くしてしまいますので、我々も試験に成ります。
台風被害
今にも落下せんとしてる、雨樋の様子を撮影しました。

良く、落下しなかっですね。
梯子で上って、下に下ろして新しい雨樋を持参して修理作業をす事に致しましょう。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

棟板金工事

この写真は、棟に貫板を設置している場面です。両サイドに貫板を設置して、棟板金をビス止め致します。エコランバーを使用したかったのですが、今回は貫板の設置に成りました。只、釘では無くビス止めしましたので、強度は強く成って居るものと思います。

阿見町の塗装工事

築26年と言うご主人様のお話を伺いまして、屋根のカバー工法に依る葺き替え工事の方法を検討する為に、屋根に上がって調査をさせて頂きました。余りにも傷みが激しい場合には、カバー工法による葺き替えは出来ません。その時には、コロニアルを撤去して金属...........

ガルバニュウム鋼板

この写真は、屋根材のガルバニュウム鋼板を必要な長さに揃えて切断して、軽トラで2回に分けて自宅迄運んで来た場面です。余りにも重たいので、自宅まで運び入れるのに2回に分けました。